閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

光コラボレーションに関して

光コラボレーションの基本とは?メリット・デメリットを解説

光コラボとは

光コラボレーションの基本とは?メリット・デメリットを解説

光コラボレーションの回線についてまだよくご存じない方もいることでしょう。

ここでは、そんなフレッツ光ユーザーに向けて光コラボレーションの基本についてご紹介していきます。メリットとデメリットを理解した上でお得になるなら光コラボに乗り換えてみませんか?

光コラボレーション(転用)とは?

光コラボレーションとは、NTTのフレッツ光回線を流用して他の光通信事業者が提供する光回線のことです。

光コラボレーションの回線を利用することで引き続き高速なインターネット通信が行えます。

光コラボで使用する光回線はフレッツ光と同じもの

光コラボレーションの回線はNTTのフレッツ光回線を利用しています。

つまりは、光コラボレーションの回線とフレッツ光の回線は同一のものを指しているのです。物理的に同一回線になるため、クオリティーも回線速度も同じになります。

光コラボの事業者はどんなところがあるの?違いはある?

では、光コラボレーションの事業者はどんなところがあるのでしょうか。主な大手光コラボレーションの事業者の特徴と転用した場合の料金をご紹介します。

大手光コラボレーションの中にはソフトバンク光や、So-net光、ビッグローブ光、ドコモ光などがあります。

どの事業者も名前くらいは聞いたことがあるでしょう。実はこれらの事業者はすべてNTTのフレッツ光回線を転用した光コラボレーションの回線なのです。

ここで、フレッツ光の月額利用料金をおさらいしてみましょう。

NTT東日本NTT西日本では少し料金体系が違います。NTT西日本は、ファミリースーパー・ハイスピードタイプ隼、マンションスーパー・ハイスピードタイプの場合です。NTT東日本は、ギガファミリースマートタイプ、ギガマンションスマートタイプでプロバイダーパックの場合になっています。

フレッツ光 戸建月額料金(税抜) 集合住宅月額料金(税抜
東日本 5,100円 4,450円
西日本 4,300円+プロバイダー料金 2,250円+プロバイダー料金

次が大手光コラボレーション事業者の光回線の月額料金です。各種キャンペーンや特典でさらに割引になる可能性もありますので、参考価格として見てください。スマホとのセット割などを利用すれば、さらにお得になるケースがありますよ。

光コラボ事業者 特徴 戸建月額料金(税抜) 集合住宅月額料金(税抜)
ソフトバンク光 スマホとセットでおうち割適用 5,200円 3,800円
楽天コミュニケーションズ光 楽天スーパーポイントを毎月200ポイント付与 4,800円 3,800円
ビッグローブ光 スマホとセットでauスマートバリューが適用 4,980円 3,980円
ドコモ光 スマホとセットでドコモ光パック適用 5,200円〜 4,000円〜
So-net光 スマホとセットでauスマートバリューが適用 4,800円 4,000円
OCN光 スマホとセットでOCN光モバイル割 5,100円 3,600円〜
@nifty光 auスマホとauセット割 4,500円〜 3,400円〜
ぷらら光 ひかりTVとセット割 4,800円 3,600円

光コラボレーション事業者の、2018年2月時点の一覧は下記からご確認ください。

光コラボレーション事業者一覧

光コラボに乗り換えるメリット

光コラボに乗り換えるメリットはいくつかあります。

  • 契約が一本化できる可能性が高い
  • 支払先が1つになる可能性が高い
  • 料金が安くなる可能性が高い
  • 高額キャッシュバックを受け取れる可能性がある
  • 代理店や事業者独自のサービスを受けられる
  • 転用には初期工事費用は基本的に発生しない(ただし、事務手数料はかかることも)
  • 工事が不要になる可能性が高い
  • フレッツ光の解約違約金が発生しない(ただし、プロバイダーは別の可能性もある)

まずフレッツ光の場合には、フレッツ光とプロバイダー2つの契約が必要になり、支払いも分かれていることでしょう。光コラボにすることで、契約が一本化でき、支払いの煩雑さもなくなります。

また、光コラボの方は料金がお得になる可能性が高いこともメリットです。

上記料金表の他にスマホとのセット割や各種キャンペーンによって割引を受けられる可能性があります。また、高額キャッシュバックのキャンペーンを実施している事業者が存在しているのも嬉しいポイントです。

光コラボ各事業者は独自のサービス・キャンペーンを実施しているため、乗り換えたとしても工事が発生せずに基本的には工事料金がかからないことも魅力でしょう。

同じフレッツ光の設備を利用しているために不要な工事費用がかからないのです。光コラボレーションへの転用のケースでは、フレッツ光の解約違約金が発生しません。

契約変更という処理になるからです。このことも大きなメリットになるでしょう。

お得なキャンペーン一覧

各種光コラボレーション事業者ではお得なキャンペーンを実施しています。新しいキャンペーンで注目するべきキャンペーンをピックアップしてみました。

光コラボレーション キャンペーン内容
ビッグローブ光 25,000円キャッシュバック(公式キャンペーン)
月額料金200円〜400円値引き(公式キャンペーン)
ソフトバンク光 60,000円キャッシュバック

最大100,000円解約違約金相当負担
Web限定!24,000円キャッシュバック

So-net光 10,000円キャッシュバック
ドコモ光 15,000円キャッシュバック
Marubeni光 アプリ放題2ヶ月無料(公式)

アンテナ不要で地デジも見られる!Marubeni光テレビが新登場

スーパーセキュリティー2ヶ月無料

光GIGA 10,000円キャッシュバック

これらのお得なキャンペーンを実施しているお得なNTT公式代理店サイトはこちらから

おすすめ窓口光コラボでネット代も携帯代も安くなります!!今人気の光コラボを人気順で料金比較!!
フレッツ光-光コラボトップページ
限定キャンペーンも多数実施中なので、お客様にとって一番おトクな回線がきっと見つかります!
ネット料金月額2,800円~!
フレッツ光からの転用なら工事費不要!でお得に契約!!
携帯代金最大2,000円割引!
さらにお得なキャンペーンも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

光コラボで注意するべきデメリット

便利で料金もお得な光コラボレーションですが、注意するべきデメリットも存在します。事前に確認した上で申し込みを行うといいでしょう。光コラボレーションに転用した際には、再度フレッツ光の光回線には戻せないというデメリットがあります。

利用してみて、サポート面がいまいちだったり、使い勝手が悪かった場合でも戻せないので注意してください。

また、光コラボレーションへ転用した場合には、フレッツ光のメンバーズクラブポイントが利用できなくなります。これまで溜まったポイントがあれば転用前に利用する必要があるでしょう。また、クラブポイントの対象外になりますので、引き続きポイントを貯めることができません。

初期費用に注意しよう

光コラボレーションはフレッツ光の設備を利用しています。そのため、auひかりやNURO光などの独自光回線からの乗り換えの際には転用にはあたりません。

このケースでは新規開通扱いになりますので、初期工事費用が発生します。注意したいポイントです。

また、フレッツ光で利用していた回線速度から速度変更を行った転送の場合には、速度調整の初期工事費用が発生することに。このケースでも工事が発生しますので、注意するようにしてください。

フレッツ光の解約違約金は発生しませんが、プロバイダーによっては違約金が発生するケースがあります。現在の契約先を確認して、転用した場合に違約金が発生しないことを事前にチェックするといいでしょう。

光コラボでのトラブル事例を知って損を避けよう

光コラボレーションには悪質なトラブル事例も多数話題になっています。中には悪徳な代理店や悪質な勧誘も存在しますので、自分の目と耳でしっかり確認した上で契約するようにしましょう。いくつか事例をご紹介します。

乗り換えの際の手続きについて条件や事務手続き方法をしっかり確認しない場合には、話が違う…、と感じてしまうケースがあります。転用する際には、窓口担当者に納得できるまで説明を受けるようにしましょう。

光コラボには悪質な勧誘電話が多数あります。NTTだと名乗るものや、その他有名事業者を名乗る悪質なものです。少しでもおかしいなと感じたら、電話番号や事業者名などをしっかり聞き出し、確認するようにしましょう。

できれば、勧誘電話ではなく、インターネットのウェブ上から申し込みを行う方が安心です。

ソフトバンク光や、@nifty光、ビッグローブ光、OCN光などには、フレッツ光同様にipv6 対応を謳っている事業者もあります。ipv6はインターネットの新しい通信規則を使った通信のことで、その通信経路の違いにより、高速通信が可能です。

しかし、各事業者のプロバイダーは対応したネットワーク設備を持っているだけで、契約すれば誰でもv6通信ができるわけではありません。

これまでの通信よりも格段に早くなると説明を受ける可能性もありますが、あくまでも対応している周辺機器を使った場合だけです。

また、v6オプションへの加入が必要なケースもありますので、注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?光コラボレーションへの転用の魅力は、フレッツ光の品質をそのままに高速インターネット通信ができることです。また、光コラボレーション事業者独自のサービスが受けられ、料金が安くなる可能性もあります。転用する際にはできるだけお得に転用できる代理店を探してみるといいでしょう。くれぐれも悪質な勧誘などには気をつけてくださいね。

キャンペーン盛りだくさん!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

総額最大125,500円相当もおトクに!
ネットナビのドコモ光なら、デフォルトで還元されるdポイントや初期工事費還元の他に、最大15,500円のキャッシュバックがもらえるから、断然おトク!さらにドコモのケータイをお使いなら、ネットとセットで年間最大72,000円も割引されるんです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

光コラボレーションに関する記事一覧