閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光の解約方法を徹底解説! 解約金ゼロでお得に乗り換え

公開日:2018-02-28 最終更新日:2018/08/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ドコモ光の解約方法とは
ドコモ光を解約したくても、「解約金が請求されそうで怖い」「方法がわからない」と、二の足を踏んでいる人もいるのではないでしょうか。

無駄な出費を最低限に抑えるためにも、解約金(違約金)ゼロで乗り換える方法を紹介いたします。

ドコモ光を解約したあとのお得な乗り換え先については「おすすめネット診断」を試してみると良いでしょう。

ネット診断を紹介

電話で解約手続きをすすめよう

電話で解約手続きをすすめる
ドコモ光の解約はドコモインフォメーションセンターに電話をかけて行います。

■ドコモインフォメーションセンターの電話番号

  • ドコモの携帯電話やスマートフォンから……局番なしの151(年中無休9:00~20:00)
  • ドコモの携帯・スマートフォン以外から……0120-800-000(年中無休9:00~20:00)

どちらも通話料は無料です。

音声案内が流れたら、「713」のスキップ番号をプッシュすると解約手続きがスムーズにできます。案内にしたがってネットワーク暗証番号(契約した時に指定された4桁の番号)を入力し、オペレーターにつながるのを待ってください。
オペレーターにつながったら、ドコモ光を解約することを伝えましょう。

なお、ネットワーク暗証番号がわからない場合は、直接ドコモショップ店頭へ行って解約しましょう。運転免許証などの本人確認書類を忘れずに持っていってくださいね!

プロバイダの解約も忘れずに

プロバイダの解約
ドコモ光の解約手続きが終わったら、次はプロバイダの解約です。

ドコモ光とプロバイダがセットになったプランの場合は、自分でプロバイダに連絡する必要はありません。ドコモ光の解約手続き完了後、ドコモ光から解約手続き内容がプロバイダへ伝えられます。

プロバイダはドコモ光解約とともに自動解約になるところが多いです。
自動解約されない場合には、プロバイダを継続するかどうかの確認書類が登録住所に郵送されるため書類内容を確認し解約手続きをすすめましょう。

参考:ドコモ光 プロバイダご利用にあたっての注意事項
(プロバイダ名をクリックすると、「ドコモ光」解約時のプロバイダ契約の扱いがわかります)

「単独プラン」の場合は自分でプロバイダに連絡を

ドコモ光とプロバイダの契約が別になった「単独プラン」でドコモ光の契約をしていた人は、自分でプロバイダに解約申込をする必要があります。

ドコモ光だけに解約の連絡を行うと、別の回線に乗り換えた後も元のプロバイダ料金を支払い続けることになりかねません。
忘れずにプロバイダ業者に電話して解約手続きを行いましょう。

■ドコモ光とプロバイダの解約方法

  • プロバイダがセットになったプラン――ドコモで解約の手続きをするだけでOK
  • 単独プラン――ドコモとプロバイダでそれぞれ解約の申込をする

ドコモショップでも解約手続きを行える

解約手続きはドコモショップでもすることができます。

ドコモショップで解約手続きをする場合は、店頭で長時間待たされることもありますから、あらかじめ来店予約をしておくといいですよ。
予約するにはドコモショップのHPから自分が行きたいドコモショップを選び、dアカウントのIDやパスワードを入力し、来店予定日や受付内容を選択します。

dアカウントのIDやパスワードがわからないときは、周辺店舗の来店予約空き状況を調べて、空いていそうな時間帯に行くといいでしょう。

店頭で解約手続きをするときも、「単独プラン」の人は必ずプロバイダ業者に電話し、自分でプロバイダの解約手続きをしましょう。

解約するタイミングが大事

解約するタイミングが大事
ドコモ光には、2年間の「定期契約あり」と契約期間を定めない「定期契約なし」の2つの契約プランがあります。
定期契約ありにすると、1年あたり戸建て住宅なら18,000円、マンションなら12,000円も安くなるので、定期契約を結ぶほうがお得ですよね。

ただし、定期契約を結ぶと多額の解約金が発生します。
ドコモ光を解約した場合の解約金は、戸建て住宅の場合は13,000円、マンションの場合は8,000円です。
ドコモ光の定期契約は2年契約で、解約金がかからないタイミングは契約更新月(25か月目)と更新月の翌月(26か月目)のみです。

■解約金について

  • 2年の定期契約あり/戸建て住宅ーー13,000円
  • 2年の定期契約あり/マンションーー8,000円
  • 定期契約なしーー解約金なし

現在ドコモ光を契約して何ヶ月目か分からないときは、ドコモ光のインフォメーションセンターに電話をかけましょう。音声案内が流れたら「714」のスキップ番号を押して、オペレーターに尋ねれば教えてもらえます。

月末に解約しよう

ドコモ光の料金は日割り計算がされません。1か月分の基本使用料を請求されます。
月の初めに解約しても1ヶ月分が請求されますので、月の下旬に解約するようにしましょう。

ただし、「ドコモ光ミニ」の契約だけは、解約日前日までの日割りとなります。

定期契約の解約金以外にもお金がかかる!?

定期契約の解約金以外にもお金がかかる
定期契約の解約金以外にも、解約時に多額の請求がなされることもあります。

注意しなければならないのは下の3つです。

  • 工事費用の残額
  • プロバイダの解約金
  • レンタル機器の未返却

工事費用の残額にご注意

ドコモ光の回線工事費用は、一括払い以外にも、5種類の分割払い方法があります。
ドコモ工事費用
参考:ドコモ光 工事料分割払い

例:戸建てに住んでいる人が、36回払いにした工事費用を、2年間(24か月)支払った段階でドコモ光を解約する場合

540円×24か月=12,960円(支払い済分)
19,440円-12,960円=6,480円(工事費の残額)

回線工事費の分割払いが済んでいないなら、解約日の翌月に残額が一括で請求されます。
工事費の残債を後からまとめて払いたくないなら、工事をしたときに一括で支払ってしまいましょう。

プロバイダの解約金

プロバイダによりますが、解約タイミング次第で解約金が1万円を超えるところもあります。

解約を決める前に必ずプロバイダのインフォメーションセンターに電話をかけ、解約金を請求されるタイミングを確認しましょう。

レンタル機器の返却を忘れないこと

プロバイダに解約を申し込むと、解約日の約1週間後に「レンタル機器返却キット」が郵送されます。
指定された期日までにモデム等のレンタル機器をすべて返送するようにしてください。返送が遅れると機器相当額の支払を請求されることもあります。

ホームゲートウェイなどの大きな機器は返却しても、ACアダプター等の付属品を同封し忘れるケースがありますので、返送前に確認をしましょう。

引っ越すときは郵便局で転送手続きをしておこう

ドコモ光の解約と同時に引っ越しを行う場合は、「レンタル機器返却キット」を受け取れない可能性があります。

必ず郵便局で転居届を提出し、転居先にすべての郵便物が転送されるようにしておきましょう。

解約金ゼロで解約する方法

解約金ゼロで解約する方法
ドコモ光の利用者が解約金なしに解約するためには、契約更新月(25か月目、49か月目…)か更新月翌月(26か月目、50か月目…)に解約する必要があります。

しかし、2年間にわずか2か月間しか解約金不要の期間はありませんので、解約金ゼロで解約するならばタイミングが重要になります。
けれど、引っ越しや通信速度の不満などの事情があってすぐに解約しなければならない人もいますよね。
契約更新月や更新月の翌月というベストタイミングでなくても解約金ゼロにする方法をお伝えします。

キャッシュバックがあるお得な固定回線に乗り換える

おすすめは「解約金・違約金の還元キャンペーン」を実施しているインターネット接続サービスへの乗り換えです。
「解約金・違約金還元キャンペーン」が適用されて、ドコモ光の解約時に発生する解約金をキャッシュバックしてもらえます。

auひかりとSoftBank光では「解約金・違約金の還元キャンペーン」を実施していますので、いつドコモ光を解約しても、後日、ドコモ光から請求された解約金や違約金を返還してもらえます。

auひかりスタートサポート ホーム」は、他社サービスの解約違約金相当額を還元しています。(最大3万円)
SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」では、他社固定ブロードバンド回線または他社モバイルブロードバンド回線の違約金・撤去工事費が満額還元されます。(最大10万円)

SoftBankでは回線撤去工事費も還元してもらえますので、賃貸住宅などで回線撤去を要求されたときも安心ですね。

ドコモ光の解約はタイミングが大事

ドコモ光だけでなくプロバイダの解約金などをゼロにするためには解約のタイミングが大事です。

けれど、すぐに回線を乗り換える必要があるときだってあります。
どうしても解約金を支払わないといけないときは、auひかりやSoftBank光などの「解約金・違約金還元キャンペーン」を実施している業者に乗り換えてはいかがでしょうか。

解約するときは気持ちよく、賢く手続きをしたいものですね。

キャンペーン盛りだくさん!ドコモ光おすすめNo.1窓口 ネットナビ

総額最大125,500円相当もおトクに!
ネットナビのドコモ光なら、デフォルトで還元されるdポイントや初期工事費還元の他に、最大15,500円のキャッシュバックがもらえるから、断然おトク!さらにドコモのケータイをお使いなら、ネットとセットで年間最大72,000円も割引されるんです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン