閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光の料金を徹底調査 契約を考えてる方必見

公開日:2018-02-28 最終更新日:2018/07/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ドコモ光の料金

最近ドコモ光を耳にするけれど、本当にお得なのかどうか、契約する前に詳しく知りたいですよね。

ドコモ光の特徴や料金、契約方法や解約方法、その他オプションやサービスなどドコモ光について徹底解説します。

ドコモ光とは

ドコモから提供している、より多岐にわたる通信サービスです。今まで使っていたフレッツ光やケーブル回線をドコモ光の回線につなげることで、インターネット通信上の今まで以上の多くのサービスを受けることができます。

ドコモ光はドコモのスマホを使っている人にとってお得なサービスです。

ドコモ光の特徴

ドコモ光のテレビサービスを紹介

ドコモ光を使用すると、インターネットの使用がよりスムーズになり楽しみが増します。

ドコモ光のサービスの一つ「ひかりTV」を持っているタブレットに設定すれば、タブレットでテレビと同じように見ることが出来ます。またWi-fiでダウンロードした動画を外出先で自由に見ることもできます。

ひかりTVやスカパー!などの映像サービスも豊富です。通信量を気にせず使い放題なのでインターネットが大好きな人にはおすすめのサービスです。

ドコモ光でもキャッシュバック!携帯料金から毎月最大6,000円割引も

キャッシュバック

ドコモケータイとセットで最大3,500円割引さらにお得に!ずっとドコモ割で月額最大で6,000円割引実施中です!!当サイトからなら、限定キャンペーンで10,400円最大キャッシュバックを実施中です!!・・・詳しく見る

ドコモ光の料金

契約を検討している人にとってまず気になるのは料金ですよね。

料金は住んでいるところが戸建てタイプか、マンションのような集合住宅タイプかによって異なります。戸建てのほうがマンションタイプよりも料金が1,200円高くなっています。

現在、お電話からの申し込みが込み合っているためwebからの申し込みをお願い致します。

戸建てタイプの料金を紹介

ドコモ光は契約時にプロバイダを選択しなければなりません。プロバイダのグループAとグループB、それ以外のプロバイダに分けられており、どれかを選択します。

誰もがplalaやSo-net、OCNなどのプロバイダにすでに加入していて、変更したくないという人もいるかもしれませんが、ドコモ光ではグループAがグループBより200円安くなっています。

ドコモで提示したプロバイダのAグループにもBグループにも当てはまらないプロバイダとの契約を希望するときは、別途プロバイダ契約をし、契約料金を支払わなくてはなりません。戸建ての場合のプロバイダ選択のタイプと料金を以下の表で紹介します。

プロバイダ選択タイプ対象プロバイダ名料金
AグループドコモNET・plala・So-net・楽天・GMOとくとくBB・エディオンネット・exite.・DTI・BIGLOB・SYNAPSE 他8社4,000円(プロバイダ料金込み)
BグループOCN・TNC・@nifty・AsahiNet・WACWAC・@Tcm・@ちゃんぷるネット4,200円(プロバイダ料金込み)
上記以外のプロバイダ3,800円(プロバイダ料金を別に支払わなくてはならない)

マンションタイプの料金を紹介

お住まいがマンションの場合も戸建てと同様にプロバイダを選択し、料金が決定されます。

マンションタイプの場合のプロバイダ選択のタイプと料金を以下の表で紹介します。

プロバイダ選択タイプ対象プロバイダ名料金
AグループドコモNET・plala・So-net・楽天・GMOとくとくBB・エディオンネット・exite.・DTI・BIGLOB・SYNAPSE 他8社4,000円(プロバイダ料金込み)
BグループOCN・TNC・@nifty・AsahiNet・WACWAC・@Tcm・@ちゃんぷるネット4,200円(プロバイダ料金込み)
上記以外のプロバイダ3,800円(プロバイダ料金を別に支払わなくてはならない)

ドコモ光のオプションサービス

ドコモ光は追加料金を支払って様々なサービスを受けることができます。以下の表で紹介します。

サービス名サービス内容月額料金(初回31日間は無料)
dマガジン180誌以上の雑誌が読み放題400円(税抜)
dグルメ豊富なレシピやレストラン情報400円(税抜)
dヒッツpowered by レコチョク最新ヒット曲などの音楽が聴き放題500円(税抜)
dキッズ30種類以上もの教育アプリが自由に使える372円(税抜)

そのほかにも安心の「ネットトータルサポート」や子供にとって有害なサイトをブロックする機能のある「ドコモ光ルーター01」など有益なオプションが用意されてあります。

ドコモ光対応プロバイダ

上記したようにドコモ光は契約時にプロバイダを選択しなければなりません。

Aグループドコモnet・ぷらら・so-net・DTI・ビッグローブ・楽天・BBエキサイト・エディオンネット・シナプス・ゼロワンヒカリコアラ・GMO・アンドライン・クイット・@ネスク・タイガースドットコム・hi-ho・ic-net
BグループOCN・アサヒネット・ワクワク・@nifty・@Tcom・TNC・@ちゃんねるネット

ドコモ光のプロバイダの特徴を紹介

ドコモ光はプロバイダを選ぶことが特徴ですが、AグループにもBグループにも属さないプロバイダを選択すると料金が割高になってしまうので、よほどプロバイダにこだわりがある人でない限り選ばないでしょう。

また料金面で言えばAグループのプロバイダはBグループのプロバイダより200円安くなっているのでおすすめです。200円といえども毎月積み重なっていくと金額も大きくなりますよね。

セキュリティ面において高評価で、利用者が増えているのがSo-netです。パソコン・タブレット・アンドロイドスマートフォンの合計5台まで、So-netのセキュリティーソフトは対応が可能です。ポイントが貯まる点では楽天がおすすめです。月に100ポイントが貯ます。

ネットワーク暗唱番号あるいは契約ID、口頭で本人確認がされるため、それ以外の本人確認する書類は必要ありません。解約までの使用料金が精算され、後日請求されます。

ドコモ光の違約金について

ドコモ光は通常2年契約なので、期限を満了していないときに解約すると、違約金としてお金を支払わなくてはなりません。

GMOとくとくBBでは、wi-fiルーター(バッファロー)が無料提供されています。ルーターは購入すると1万以上の高額なので要注目です。それぞれのプロバイダにおいて、基本的な使用で大きな違いはありませんが、自分のインターネットの使用の方法に合わせて選ぶのがいいかと思います。

ドコモ光は違約金が高い?

ドコモ光は違約金が高いのかを紹介

ドコモ光を契約した後、解約したいと思ったとき、どのくらいの違約金を払わなければいけないのか心配ですよね。引っ越しや他社のサービスを利用したいなどの理由で、ドコモ光を解約したくなったとき、どのような手続きで解約はなされるのか見ていきましょう。

ドコモ光解約手続きの手順

解約の手続きは電話あるいは、ドコモショップで解約する事が出来ます。違約金はマンションタイプで8,000円、戸建てタイプで1,3000円です。

しかし、契約期限が満了後2か月間の間であれば解約金は無料になります。ドコモ光を解約を考えている人はこの期間に行うのがいいでしょう。

ドコモ光の回線契約と携帯電話の回線契約の時期がずれている場合、判断を誤ると無料期間を過ぎてしまうことがあります。この場合同時解約で9,500円の違約金が発生しますのでご注意ください。

違約金が発生しない例外的なケースは、ドコモ光の契約が2年縛りの契約でなかった場合、ドコモのエリア外に引っ越す場合です。この場合は違約金を支払う必要はありません。

注意:ドコモ光だけを解約して、プロバイダの解約を忘れないようにしましょう。

ドコモ光とフレッツ光の違いは?

フレッツ光もNTTでドコモもNTTなので分かりにくい人も多いかと思いますが、フレッツ光はNTT東日本、NTT西日本の回線設備であり、NTTドコモはその回線設備を借りて、設備使用料を支払う形になります。

同じNTTがついていてもサービスを提供する会社は別なのですね。ドコモ光はフレッツ光インターネットサービスをさらに拡大した通信サービスです。

ドコモ光とフレッツ光の料金比較

フレッツ光を使っていた人がドコモ光に転用するケースがほとんどだと思います。ドコモ光に契約するとフレッツ光を利用していたときと料金はどのように変わるのでしょうか。

戸建ての場合での料金を比較してみましょう。

ドコモ光プロバイダ料金込みで5400円
フレッツ光基本料金5,400円から最安値3,610円まで最大割引可能です。プロバイダ料金を加えて5,000円弱の料金となる場合もあります。

このようにフレッツ光のほうが少し安くなります。しかしスマートフォンの契約を別にするのとドコモスマートフォンのパケットパックを使うのでは、ドコモ光のほうがお得になります。

家族みんなでドコモを使うシェアパックへの加入や、ドコモのスマートフォンの新規契約を考えている人にはドコモ光がおすすめです。ドコモではないスマートフォンを使っているのならフレッツ光のままでも十分であるかもしれません。

プロバイダの違い

ドコモ光の対応プロバイダについては上記しましたが、フレッツ光は特に制約がないため住んでいる場所に合ったプロバイダを自分で選択します。ぷらら・ビックローブ・OCN・So-netなどドコモ光でも対応しているプロバイダが多く利用されています。

プロバイダの使用料金や特典が異なりますが、月額費用は大きく異なりませんが、初年度の実質費用は最安で約1円から5,000円ぐらいまでの差がある場合もあります。

まとめ

ドコモ光はドコモのスマホを使っている人にとって、家族みんなでドコモを利用する場合には、インターネットを安く利用出来そうですね。

料金もそれでこそお得になりますね。何らかの理由で解約をしようとするときには、契約の条件や契約期限をよく確認して、違約金が発生しないように行ってくださいね。

ドコモ光のおすすめWeb申込窓口

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ携帯をお使いであれば、申込みでdポイントを10,000ptプレゼント!さらにドコモユーザーにはうれしい光回線とセットにすれば月々の携帯料金が大幅割引に!ドコモユーザーさん必見です!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン