閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光から光コラボに転用する場合のお得な情報と注意点

フレッツ光の転用方法

光コラボへの転用は「キャッシュバックがある」などのメリットが多数ありますが、「一度転用をするとフレッツ光には戻せない」などのデメリットもあります。
フレッツ光から光コラボに転用する場合のお得な情報と注意点を紹介します。

フレッツ光からの転用方法

NTT西日本とNTT東日本が提供するインターネット接続サービス「フレッツ光」には、光コラボレーション(通称光コラボ)という転用サービスが用意されています。

光コラボレーションは、NTTのフレッツ光回線を使って別の通信事業者が光回線を提供するサービスです。

光回線の品質は変わらずに、ソフトバンク光やOCN光など他社が運営する光コラボに乗り換えが可能で、料金も安くなる場合もあります。

フレッツ光からの転用には、専用の手続きが必要となるためご案内となります。

転用の手続き方法は?

フレッツ光から光コラボに転用する際の手続きには、以下のような手順があります。

  • NTT東日本(あるいはNTT西日本)から光コラボへの転用承認番号を取得する。
  • 光コラボの事業者に申し込みを行う。
  • 光コラボ事業者と電話等で手続きを進めていく。
  • 約2週間の手続き後、光コラボの利用をスタートする。

転用承諾番号の受け取り方法

フレッツ光から転用する際の転用承認番号を受け取るには、事前に準備をしておいてNTTに連絡をする必要があります。具体的には、下記のような順番になります。

  • フレッツ光のID、申し込み氏名、住所、電話番号等を事前に用意しておきます。
  • インターネット・電話で、NTTに転用承諾番号受け取りの手続きをします。
  • 10回線など複数の回線がある場合は、メールで申し込みます。
  • 転用承諾番号を受け取ります。

契約者に同意や確認してもらう事項

フレッツ光から転用をおこなう場合は、同意をする事項や確認しておく事項があります。

主な内容としては、まず、フレッツ光から光コラボへの転用の場合は、初期工事を行う必要性はありません。
フレッツ光から転用をすると、NTTの光回線サービスから、新しく契約した事業者の光回線サービスへと切り替わるため契約する事業者が変わることになります。

次に毎月の料金の請求が、NTTの請求から、新しく契約した光コラボの事業者から請求がくることになります。
コラボ光に関連するトラブルや故障が起きた場合は、光コラボの事業者に問い合わせをする必要があります。

上記の事項を確認しておきましょう。

フレッツ光の転用する時の注意事項

フレッツ光を転用する場合には、いくつかの注意事項があります。

フレッツ光を転用する際には、手数料がかかります。手数料は、800円から3,000円になっていますので料金を準備しておきましょう。

光コラボに転用すると、フレッツ光に再び戻すことができなくなります。
フレッツ光と一緒に契約しているプロバイダーがある場合は、違約金がかかる場合があります。

しかし、フレッツ光の転用は、通常は工事費がかかりません。しかし、引っ越しで住所が変わる場合は別途工事費が発生します。

光コラボへの転用する時の注意事項

光コラボに関する注意事項もありますので、転用する際にはチェックしておきましょう。

ひかり電話などのフレッツ光のオプションは、光コラボの事業者によっては取り扱っていない場合があります。
その際は、オプションサービスのみをNTTと契約したままにしておきましょう。

光コラボの事業者によっては、NTTよりもサービスやサポートの質が落ちてしまう場合があります。
事業者に電話で連絡した際などに、きちんとした対応かをチェックしておきましょう。

光コラボの事業者には、しつこい勧誘などをおこなう悪徳企業も存在します。
ネットの評判や口コミなどを参考にして、しっかりとした事業者を選びましょう。

光コラボはNTTと同じ回線を利用しますが、光コラボ事業者によってはインターネットのスピードが落ちる場合があります。
光コラボのインターネットスピードを計測したサイトなどを確認しましょう。

フレッツ光転用のキャッシュバック

フレッツ光を転用すると、キャッシュバックが受け取れることがあります。
キャッシュバックの金額は、光コラボ事業者によって大きな差が発生します。

申し込みをするサイトによっても、キャッシュバックの額は変わってきますのでキャッシュバックを上手に利用しましょう。

光コラボ事業者によっては、キャッシュバックが0円の場合もありますので注意が必要です。

フレッツ光を転用する時のお得な時期

フレッツ光からの転用には、お得に申し込める時期があります。

10月、11月、12月頃は、光コラボ事業者がキャッシュバックを増やすことが多い時期とされています。
10月、11月、12月頃は、光回線や転用の申込者が少ないためです。また、申込者が少ないぶん、スムーズな手続きが可能な時期ともされています。

逆に引っ越しの時期である2月、3月頃は、申込者も多くあまりキャッシュバックが増えないシーズンとされています。

キャッシュバックが多いフレッツ光コラボ

フレッツ光の転用は、高額なキャッシュバックが期待できます。

例えば、「ビッグローブ光」の代理店サイトから申し込むと、「他社からの転用」が適用されて10,000円のキャッシュバックが発生します。
また、「ソフトバンク光」に転用をすると、代理店サイトからの申し込みで12,000円のキャッシュバックがあります。

【話題ニュース】違約金実質0円で乗り換え!?圧倒的に安いソフトバンク光!

違約金0円

月額ソフトバンク光なら、最大1Gbpsの高速インターネットが、月額実質3,800円~で使える!この代理店サイトからの申し込みだと、Web申し込み限定でさらに最大60,000円のキャッシュバックや月額料金が12ヶ月間実質2,000円割引に!終了未定のキャンペーンを見逃すな!・・・詳しく見る

光コラボ事業者のホームページでチェックしたり、電話で問い合わせをしたり、家電量販店のスタッフに確認したりして申し込み前にキャッシュバックの金額を調べておきましょう。

フレッツ光の転用のメリット

フレッツ光を転用するメリットとしては、月額料金が安くなるという点が1番大きなポイントです。
インターネット料金も安くなりますが、場合によってはスマートフォンの料金も安くなります。

フレッツ光から光コラボに転用する事で基本料金が安くなる

フレッツ光から光コラボに転用をすると、月々の料金はお得になります。

例えば、NTT東日本のフレッツ光は戸建てバージョンで月額5,200円となっていますが、UNEXT光に転用すると月額4,980円に下がります。

また、エキサイト光の戸建に転用をすると4,360円と、とても安くなります。

スマートフォン料金が安くなる

スマートフォンの料金が安くなることもあります。光コラボとスマートフォンの月額料金をセットにすると割引が発生します。月額料金は最大で2,000円の値引きとなります。

例えば、au光に転用すると、auスマートフォンの月額料金が割引となります。同様にソフトバンク光に転用するとソフトバンクのスマートフォンが料金値引き対象となります。

フレッツ光を解約する時は違約金かかる?

フレッツ光を転用する際には、NTTの解約違約金は基本的にはかかりません。

通常、フレッツ光を契約途中で解約すると高額な違約金が発生しますが、光コラボへの転用では違約金がかかりません。
2年縛り等の契約途中でも、NTTの解約金等は全く発生しません。

しかし、契約しているプロバイダーによっては、プロバイダー事業者の解約違約金が発生するので注意が必要です。

工事費用が掛からない

フレッツ光から光コラボの転用では、光回線をそのまま利用できるため工事費用が基本的にはかかりません。

しかし、フレッツ光の契約住所と別の住所になる場合は工事費用が発生します。

無料で解約する方法

フレッツ光を無料で解約するには、契約プロバイダーの更新月に手続きをするのがオススメです。

フレッツ光自体の解約手数料はありませんので、解約金は発生しなくなります。
プロバイダーは2年縛りの契約が多いので、更新月をチェックしましょう。

まとめ

「フレッツ光から光コラボに転用する場合のお得な情報と注意点」をご紹介してきました。

フレッツ光の転用は月額料金が下がることなどメリットが多いですが、注意点もあります。
契約書をよく確認して解約金等に気を付けながら上手に利用しましょう。これらの情報が、あなたのインターネットライフのお役に立てば幸いです。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る