閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のモデムのレンタル方法や基本情報も紹介

フレッツ光 のモデムとは

フレッツ光を契約しようとしているあなた。

モデムという言葉が何を指すのか知りたくありませんか?記事ではモデムについての基本情報を記しています。

モデムをレンタルする方法など、知りたいことが盛りだくさんです。

モデムについての基本情報を紹介

まず、モデムについての基本的なことを説明します。

どれもフレッツ光を利用しようとすると必ず疑問に思うことなので、必ず知っておいてください。

モデムとルーターの違いを紹介

モデムとはアナログ信号とデジタル信号を交換する機器のことです。

パソコンではデジタル情報が生み出されますが、デジタル情報のまま送信するとデータが壊れてしまいます。

データを壊さないためにモデムを使ってアナログ信号に変えます。

モデムの交換機能によってデータを変換することで、インターネットでのやり取りが円滑に行えるわけです。

一方ルーターとは、モデムからの電波を複数台の機器に繋げることができる機能を持っています。

モデムだけでは一台の機器としか繋げることができないので、自宅にパソコンやスマホなど機器が複数台あるならば、必ずルーターが必要になります。

フレッツ光のホームゲートウェイとは

ホームゲートウェイはフレッツ光を快適に利用するために必要なブロードバンドルーターです。ホームゲートウェイ無線LANカードをレンタルすれば自宅で簡単にWifiが楽しめます。

また、セキュリティ機能丸ごとWebフィルターを活用することで、危険なサイトをブロックすることが可能です。

ホームゲートウェイは月額450円で、無線LANカードはプラス100円することでレンタルで利用できます。2年以上契約すれば月々250円になるので長期の契約がお得です。

ONUについての紹介(信号を変換する役割)

ONUとは、光回線終端装置のことを指します。ONUは光回線でインターネットを使う際に絶対に必要になるものなんですね。

光をLANケーブルを通れるように変換したり、逆に電気信号を光に変える機能を果たしているので、モデムと似た役割を果たしています。

似た役割どころか、ONUをモデムと同様に捉えている人が多いですが、利用する際には同じようなものと認識しておいても特に問題はありません。

フレッツ光でモデムを設定する方法を紹介

フレッツ光でモデムを設定するにはどのようにすればいいのでしょうか。様々なケースがありますので、それぞれのケースを紹介します。

webからホームゲートウェイを接続する方法を紹介

モデムの設定をする時は基本的にはwebからホームゲートウェイへの接続を行います。

PCが1台の場合と複数の場合では異なりますし、また東日本か西日本かでも変わってきますので、それぞれ説明します。

PCが1台の場合

PCが1台の場合は、フレッツホームページ上にあるセットアップガイドを読みながら設定していけば通常は問題なく接続が可能です。

マンションかそれ以外かなどパターンによって接続方法が異なるのですが、接続パターン毎に方法が記載されているので、インターネット端末の接続をしたことがない方でも安心してください。

PCが2台の場合

PCが2台だからといって、何か特別な操作が必要というわけではありません。

パターン毎に記載されているやり方に従ってPCの接続設定を行います。2台の場合の特別な接続設定があるというわけではなく、1台ずつ順番に間違わないように接続設定を行う感じです。

NTT西日本の場合

NTT西日本とNTT東日本では設定方法が異なります。ただ西日本でも東日本でもそれぞれのホームページに設定ガイドがありますので、ガイドを参照しましょう。

おすすめ窓口豪華人気商品をプレゼントを実施中です!!
フレッツ光西日本トップページ
ネット代も携帯代も安くなります!!
最大1Gbpsの高速インターネット!
テレビサービス
WiFiで家中どこでも楽しめる
キャンペーンの併用で月額料金大幅割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

NTT東日本の場合

NTT東日本の場合は前述したセットアップガイドを参考にしてもらえれば問題なく接続できるはずです。

西日本も東日本も設定方法は変わらないと思っている方がいますが、設定方法やホームゲートウェイに付属しているものが異なりますので、必ずガイドを間違えないようにしましょう。

おすすめ窓口当サイトweb申し込限定キャンペーンで最大70,000円キャッシュバック中です!!
フレッツ光東日本トップページ
新規申し込みで月額利用料金でギガ推しキャンペーンで30ヶ月割引き!
ギガ推し!キャンペーン
ADSLからフレッツ光への移行キャンペーン
もっとライトに!キャンペーン!!
2年間毎月700円割引!!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

モデムを交換して貰える方法を紹介

モデムの調子はいつも万全とはいえません。交換が必要になることもあるでしょう。どんなケースで交換が必要なのか、また交換するにはどうすればよいのかを説明します。

モデムが古くなった場合

モデムが古くなると、インターネットの通信速度が遅くなるなどとても不便に感じます。古いと感じるようになれば大抵新たなモデルが出ていますので、新しいモデルにチェンジしましょう。

機器が故障している可能性も(モデムのランプ・PPP)

古いくらいならばまだいいのですが、機器が故障している可能性もあります。

モデムのランプやPPPを確認し、色々と触ってみても調子が戻らないようならば故障を疑いましょう。確認はフレッツのホームページから行えます。

モデムの返却方法や注意点を紹介

モデムをレンタルしているのならば、返却が必要になります。

明らかに不具合が認められれば交換に費用はかかりません。ただ単にモデムがラグを起こしているだけの場合もあります。

NTT東西のオペレーターに電話すればモデムが故障しているのかラグを起こしているだけなのか簡単な確認をしてもらえます。モデムに関する知識のない人はメールよりも電話がいいでしょう。ただ電話の場合は待ち時間がどうしても発生しますので、ご了承ください。

モデムをレンタルする方法を紹介

ではモデムをレンタルするにはどのようにすればいいのでしょうか。

ホームゲートウェイをレンタルするための方法と月額料金などについて説明します。

ホームゲートウェイをレンタルする方法を紹介

ホームゲートウェイをレンタルするためには以下のフレッツWebページを参照しましょう。新規お申し込みとプラン変更のお申し込みボタンがあり、新規お申し込みを押すところから始めます。

クリック後は利用中サービス名や約款の確認、必要事項入力などを行えばすぐにレンタル申し込みができます。慌てず間違えないように正しい情報を入力しましょう。

フレッツ光の月額料金等を紹介

月額料金はフレッツの各種サービスに上乗せして標準プランならば月額450円、2年以上の契約ならば月額250円となっています。

また無線LANカードを借りるならプラス月額100円かかります。ちょっと高いかな、と思われる方はなるべき2年以上利用することを前提にしましょう。

まとめ

フレッツ光を契約するならば必ず必要になるモデムについて説明しました。

最近はモバイル環境で十分という人が増えているので、モデムに触ったことがない人が意外に多いです。

通信量が多くなるとモバイルでは厳しいので、フレッツを検討している方はぜひモデムのことについて知っておいてください。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る