閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

光コラボを比較しておすすめのプロバイダを紹介します!

公開日:2018-02-28 最終更新日:2018/08/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

光コラボレーションおすすめ

「光コラボ自体は知ってるけど、プロバイダの種類や、どのプロバイダと契約を結べばいいのか分からない!」と思っていませんか?

光コラボの中から厳選したプロバイダの料金やキャンぺーン、速度を比較をしたので紹介します。契約をする前に光コラボを比較し、自分にあったサービスを見つけましょう。

光コラボの月額料金を比較

光コラボの月額料金を比較

光コラボの料金は、提供事業者やお住まいの環境によって金額は変わります。平均して戸建てタイプが約5,000円台、マンションタイプなら約3,000円台で光コラボを使用する事が可能です。

代表的な光コラボの戸建てタイプとマンションタイプの料金を表でまとめました。

戸建てタイプの光コラボ料金を比較

戸建てタイプの料金を紹介

光コラボの中では、NTT東日本・西日本の公式プロバイダの中で最もシェア率が高いのはOCN光です。

NTTコミュニケーションズが提供事業者であるOCN光ですが、戸建てタイプの月額料金は割高です。

光コラボの戸建てタイプの料金を比較しましたので、参考にしてください。

光コラボの種類戸建てタイプ
エキサイト光月額4,360円
So-net光月額4,400円
DTI光月額4,800円
ぷらら光月額4,800円
IIJmioひかり月額4,960円
U-next光月額4,980円
BIGLOBE光月額4,980円
@nifty光月額5,000円
Tcomひかり月額5,100円
OCN光月額5,100円

月額料金が一番安いのはエキサイト光です。エキサイト光は月額料金は一番安いですが、他のプロバイダに比べてキャンペーンの数が少ないです。

マンションタイプでの光コラボ料金を比較

マンションタイプの料金を紹介

マンションタイプの料金はOCN光が「3,000円」で一番安いですが、So-net光は戸建てタイプと同様で月額料金が安くオプションサービスも豊富ですので一番おすすめです。

光コラボの種類戸建てタイプ
エキサイト光月額4,360円
So-net光月額4,400円
DTI光月額4,800円
ぷらら光月額4,800円
IIJmioひかり月額4,960円
U-next光月額4,980円
BIGLOBE光月額4,980円
@nifty光月額5,000円
Tcomひかり月額5,100円
OCN光月額5,100円

 

光コラボのキャンペーンを比較

光コラボのキャンぺーンを紹介

光コラボを契約の際、月額料金や初期費用などを安くするにはどんなキャンペーンを適応したら良いのか、また申し込み窓口はどの会社にすれば一番お得なのか、キャンペーンが豊富な8社を紹介します。

種類キャッシュバック月額割・回線工事キャンペーン・プラン
ドコモ光15,000円工事費無料ドコモ光セット割 ドコモ光dポイントプレゼントキャンペーン
ソフトバンク光28,000円工事費無料おうち割ひかりセット
so-net光30,000円戸建タイプ:30カ月間400円割引 マンションタイプ:30カ月間600円割引月額料金大幅割引キャンペーン
ビッグローブ光25,000円40カ月間300~450円割引Pv6対応 無線LANルータが1年間0円
ぷらら光なしなし契約手数料無料
@nifty光20,000円24カ月間 700円割引 24カ月間 集合:580円割引auスマホとセット割
OCN光10,000円1100円割引パソコン・タブレットキャンペーン
DMM光5,000円なしDMMモバイルとセットで毎月500円の割引

ドコモ光やソフトバンク光の大手プロバイダは、工事費用が無料になるキャンペーンを行っており、初期費用を抑えたい人におすすめのプロバイダです。

so-net光や@nifty光はauのスマホを契約しているとauスマートバリューの適用やスマホとのセット割引のお得なキャンぺーンを行っています。

so-net光のキャッシュバック額は30,000円とキャッシュバックの金額も多いです!

So-net光ならキャッシュバックもあってお得 auスマートバリューもお得に申し込めます!!

スマートバリュー

So-net光はauスマートバリューとセットにすると、1台あたり毎月月額最大2,000円もお得になります!!この代理店サイトからの申し込み限定で最大70,000円の割引キャンペーン中!・・・詳しく見る

光コラボとNURO光の回線速度を比較

光コラボの速度を比較

インターネットを契約する際、通信速度は少しでもはやいほうがいいですよね。インターネットの速度が速い光コラボと光回線を比較します。

光回線の一つNURO光は、下り最大2Gbpsの速度が出る光回線とされています。大容量の動画やゲーム、ファイルのダウンロードもサクサク進む為、ストレスが少ないです。

光コラボのドコモ光とso-net光は、公式サイトで通信速度が最大1Gbpsと謳われています。最大1Gbpsの速度が出れば、ネットサーフィンから大容量のコンテンツダウンロードにも困りません。

光回線 光コラボ上り下り
NURO光最大1Gbps下り最大2Gbps
ドコモ光最大1Gbps最大1Gbps
so-net光最大1Gbps最大1Gbps

光コラボ以外のおすすめの光回線

光コラボの料金や速度、キャンペーンの比較をしましたが、ぜひ契約してほしい光コラボ以外の光回線も紹介します。おすすめの光回線はNURO光とauひかりです。

NURO光は下りの最大速度が2Gbpsと他社の2倍の数値であることが魅力で、代理店のキャンペーンも豊富です。

NURO光は関東にお住いの方向けの光回線ですので、関東地域以外にお住まいの方はauひかりの契約を検討しましょう!

auひかりは、工事費用が無料になるキャンペーンや他社からの転用の際には解約金を最大で30,000円分還元してくれるキャンペーンがあり、初期費用をおさえることができる光回線です!

auひかりは光コラボではありません

auひかりは光コラボではない

auひかりを光コラボだと思っている人も多いのではないでしょうか?結論から言いますとauひかりは光コラボではありません。

auひかりはフレッツ回線の使用はしておらず、独自回線を使用して提供されている回線です。auひかりは光コラボではありません。

光コラボはフレッツ光回線を使用している

光コラボとは、フレッツ光回線とプロバイダをセットで提供する契約形態です。

ネットを利用していない人は、光コラボを新規契約すればお得に利用できます。
では、今現在、既にインターネットを利用している人については、どのように切り替えれば良いのでしょうか?

フレッツ光を利用中に光コラボに切り替える

フレッツ光に乗り換える方法を紹介

既にフレッツ光とプロバイダを使っている人は、「転用」という手続きを行います。転用とは、フレッツ光回線+プロバイダの2契約を、フレッツ光×プロバイダの1契約にまとめる手続きです。転用にあたって改めて工事の必要はありません。

NTT東日本またはNTT西日本に電話で問い合わせ、「転用したい」と申告すればOKです。あるいは、NTT東日本・西日本の公式HPから、ネットで転用手続きすることも可能です。NTT東日本・西日本の参考サイトを必要に応じてご確認ください。

転用中のデメリット!

転用中のデメリットを紹介

フレッツ光から光コラボへ転用する際のデメリットには、「事務手数料」が発生する事や、利用中のプロバイダを解約した時に、違約金が発生することがあります。

転用する光コラボによりますが「事務手数料」は800円~3,000円程掛かります。また、光回線を解約するタイミングによっては、10,000円以上も違約金を払わないといけないケースもありますので注意が必要です。

フレッツ光を解約する方法について紹介している記事もありますので、フレッツ光を契約している人は参考にしてみてくださいね。

自分に合った光コラボを見つけよう

今回は、各事業者の光コラボをさまざまな観点から比較しました。光コラボは、ネットを利用中の人・これからインターネット回線を利用する人の双方におすすめです!

また、光コラボ事業者は、速さ・安さ以外にも、利用環境に合わせたキャンペーンを実施しています。自身が一番お得にネットを使えるよう、各光コラボを吟味しましょう。

キャンペーン盛りだくさん!ドコモ光おすすめNo.1窓口 ネットナビ

総額最大125,500円相当もおトクに!
ネットナビのドコモ光なら、デフォルトで還元されるdポイントや初期工事費還元の他に、最大15,500円のキャッシュバックがもらえるから、断然おトク!さらにドコモのケータイをお使いなら、ネットとセットで年間最大72,000円も割引されるんです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン