光回線の速度を測定出来るサイトを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光回線の速度を比較

現在、日本のインターネット回線は、ほぼ全体のエリアで光回線が利用可能となっており、インターネット回線は光回線が主流になっています。

光回線の速度チェックのおすすめサイトや、光回線の速度が遅い原因を紹介します。

光回線の速度が計測出来るサイト

実際に、ご使用されているインターネット環境はどのくらいのスピードなのか?速度を確認したい人は多いと思います。

実は、インターネット上のサービスには現在使用している通信速度を計測できるサイトがいくつか存在します。測定サイトを利用すれば、現在の自身が利用している光回線の通信速度を知る事が出来ます。

Google検索で【通信速度 計測】のワードで検索をすると、いくつもヒットします。例えば、以下のようなサイトがあるので参考にしてみて下さいね。また、スマホからも簡単にチェックする事も出来ます。

  • Radish Network Speed Testing
  • NURO光公式サイト
  • USENのスピードテスト
  • BNRのスピードテスト
  • Broad Band Speed test

上記のサイトの使い方は簡単で、基本的にスタートボタンをクリックするだけで、自動で速度測定をしてくれます。

速度測定方法を紹介

Radish Network Speed Testing

Radish Network Speed Testingは、Javaというプログラミングソフトを利用したサイトです。Radish Network Speed Testingをおすすめの理由は、PC上の速度が速く、ユーザーが使っているPCの測定結果の公開が素早いためです。

現在自分が使用しているプロバイダーを入力した上で、測定結果を見る事も可能です。

例えば、福井県(県)→マンションタイプ→NTTフレッツ光→コミュファ光という選択肢で、他のユーザーの速度測定も可能です。

また、同じ地域で光回線を利用しているユーザーの測定結果を把握して、光回線を転用する場合にも活用する事が出来るのです。

NURO光公式サイト

私が実際に回線速度を計る時に多用するサイトを紹介します。

回線速度を測定する際は、FireFOXからNURO公式ページを開き通信速度を測定します。

  • FireFOXを開く
  • NURO光公式ページを開く
  • 郵便番号を入力する

NURO光公式サイトでは、上記の作業だけで速度チェックが出来るので、PCの操作に不慣れな方にもおすすめのサイトです。

USENスピードテスト

USENスピードテストは、NURO光公式サイトと違い、ブラウザを選択せずに回線スピード測定を簡単に調査する事が可能です。

USENスピードテストは簡単に光回線のスピード測定が可能ですが、USENが運営をしており、サイトのページは広告が多く表示されます。

BNRスピードテスト

BNRスピードテストサイトは、光回線の速度を計るサイトの中では古株で、非常に多くのユーザーに愛用されています。

BNRスピードテストは、ダウンロードとアップロード、両方の速度を素早く測定が可能です。

Broad Band Speed test

Broad Band Speed testは、スピード測定の結果の反映が速いのが特徴的です。私は、PC以外にもAndroid・iphoneなどの携帯機器の速度測定の際にも使用しています。

携帯機器のAndroidとiphoneで回線速度の測定を行う場合は、事前にアプリのダウンロードが必要です。

Broad Band Speed testをPCから利用する場合は、ウェブブラウザ上のアイコンをクリックする事により、簡単に速度測定が可能です。

通信速度を計測する際の注意点を紹介

光回線の速度測定を行う際の注意点は以下になります。

  • 平日・土日に何度かに分け測定する
  • パソコンをLANケーブルに接続する
  • 有線LANルーターと無線LANルーターの2つの場合でチェックする

光回線の速度は、利用する時間帯によって変わる事があります。回線速度をチェックする際は、時間帯別にチェックしてみてはいかがでしょうか?

無線か有線かによっても、光回線の速度は大きく変わる場合があります。

有線を使用している時よりも、無線を使用した場合に回線速度が速かったという事例をよく耳にするので、2つの方法で試してみてはいかがでしょうか?

速度が遅かった場合の対処方法

インターネットやインターネットテレビを使用する場合、快適に使用が可能な速度を知っていますか?

インターネットを快適に使用出来る速度は、回線速度 20Mbps以上で応答の速度が25ms以下になります。

光回線の速度が遅い場合は、以下のような原因が考えられます。

  • 機器が故障している
  • プロバイダの問題
  • 回線業者の問題
  • パソコンの故障

機器が故障している

機械の故障とは、パソコン・モバイル端末、ONUに原因が有る場合を指しています。

ONUが故障して、光回線が遅くなるケースもあります。

ONU自体が壊れていない場合は、デバイスのOSが古い、またはPC自体がウィルスに感染している場合があります。

機械の故障の可能性があると思った人は、各機材のサポートセンターへ連絡してみるのも1つの手段です。

回線業者

プロバイダーの問題

各プロバイダーによって、回線速度の状況は変わります。各プロバイダーが、どの程度の規模のサーバーを運用しているかは公表されていないため、基本的にインターネットの口コミ情報などを頼るしかありません。

各プロバイダの通信状況を、インターネットやTwitterなどで確認する事をおすすめします。

回線業者の問題

通信機器やプロバイダに接続環境の問題がない場合は、回線自体に問題がないか注意してみて下さい。

回線業者が問題の場合は、マンションタイプだけではなく、戸建てや住宅でも同じ光回線に利用者が集中しており通信速度が遅くなる場合もあります。

光回線のベストエフォートとは

ベストフォート式とは

実際に計測してみると分かると思いますが、通信速度は最大速度が1Gbpsとなっている契約の場合程遠い数値が出ると思われます。

実は、光回線の最大速度1Gbpsとは【ベストエフォート】の定義に基づいた理論値です。ベストエフォートとは「最大限の努力」というような意味合いです。

つまり様々な好条件が重なったときに、最大で1Gbpsが可能な回線品質、という意味合いで、常時安定して1Gbpsの速度が出るわけではありません。

インターネット回線は常時、多くのユーザーと回線を共有して使っています。

同時に使うユーザーが多ければ回線は混雑し、同時にプロバイダのサーバーも混雑します。基本的にLANケーブルによる有線接続のほうが回線速度は上がります。

光回線の工事費に関する記事もあるので確認してみて下さい。光回線の工事費用について詳しく解説しています。

光回線の速度とは

2018年現在、日本のインターネット回線は光回線が主流になっています。

基本的に、日本の光回線はNTTの「フレッツ光」とKDDIの「auひかり」の回線があります。

「ドコモ光」、「ソフトバンク光」、「BIGLOBE光」、「So-net光」など、多数の事業者が存在します。

上記のプロバイダ以外では、NURO光がおすすめです。NURO光は、日本でメジャーな存在のフレッツ光、auひかりの対応している速度は2倍です。世界的に見ても最高ランクの通信速度です。

NURO光を紹介

NURO光は、日本では最速の回線のひとつです。日本の光回線の通信速度は1Gbpsが標準となっていますが、NURO光の速度は2倍の、通信速度2Gbpsと公開されています。

さらに、今後は東海地方と関西地方に提供のエリア拡大されることが予定されており、事前予約も受け付けています。

NURO光は他の回線と契約中でも簡単にエリアの確認を公式ページで行う事が出来るので確認して見て下さいね。

NURO光の代理店サイトではスマホとのセット割引により、最大120,000円もお得なキャンペーンも実施しているのでチェックして見て下さい。

NURO光なら、ソフトバンクスマホの月額料金が1台あたり毎月最大1,000円(税抜)割引に!

料金

NURO光とソフトバンクスマートフォンの対象プランご加入でご利用料金を割引(おうち割)!月額割引で「1台あたり」毎月最大1,080円(税込) もおトクに!4人ご家族なら最大4,320円(税込)OFF!・・・詳しく見る

プロバイダ業者の影響が多い

プロバイダの問題

現在、名の通った回線業者の光回線ならば、最大速度1Gbpsの通信速度であると考えてOKです。

しかし、現実問題として、通信品質は同等なのに契約している回線業者によって回線速度が速くて快適だったり、逆に回線速度が遅くて不便だったり、という意見がインターネット上の口コミサイトなどで散見されます。

実は、光回線の通信速度1Gbpsというパフォーマンスを充分に引き出すには、プロバイダの選択が重要な鍵となります。

auひかりの速度を紹介

auひかりの通信速度は最大1Gbps(1000Mbps)です。また、auひかりの公式ページにはauひかりのスピードアップのチェック方法を紹介していますので参考にしてみて下さいね。

auひかりは実際に1Gbpsの速度が出る事が無い、という噂を多く聞きます。

auひかりで紹介している1Gbpsという数字は、ベストエフォート型の事を言い「理論上は最大でこれくらいの速度が出るので、この速度が出せるように努力する」という意味合いがあります。

コミュファ光の速度を紹介

コミュファ光は「300メガホーム」というプランが存在しますが、「300メガホーム」は最大速度が300Mbpsの通信速度です。

コミュファ光は、戸建ての場合1ギガホームというプランを契約すると、最大速度は上り下りともに1Gbpsとなります。

ソフトバンク光の速度を紹介

ソフトバンクは最大1Gbpsの速度です。しかし、Softbank光を使用しているユーザーの加入者数が多く、多くのユーザーが回線を利用している時間帯には、回線速度が遅くなる場合があります。

関東地域にお住まいの方は、最大速度2bpsのNURO光をおすすめしますが、関東圏以外の人はソフトバンク光の契約を検討してはいかがでしょうか?

また、おすすめのキャッシュバック多くて月額料金が割引になる販売代理店もありますので下記サイトをチェックしてみて下さい。

  • ソフトバンクの携帯電話を使用している方はおうち割がおすすめ
  • オプション料金が最大1ヶ月間も無料
  • 他社の光回線を解約した場合の違約金を負担

現在、電話での申込みは込み合っているためwebからの申込みをおすすめします。

光回線速度の評判を紹介

光回線の速度の情報を、どこで集めて良いか分からなくて困っている人もいると思いますが、私が光回線の速度の評判を探る時にはTwitterから調べます。

Twitterからは、最新の光回線速度の声が聞けるので便利ですよ!Twitterから、光回線速度の評判をまとめましたので参考にしてみて下さい。

田舎の場合ですと、LTEの場合とADSLの場合では速度は大きく変わるみたいですよ。光回線のエリア範囲を紹介している記事もあるのでチェックしてみて下さい。

4年前に使っていた光回線は5MBしかでていなかったのに、最新の光回線では速度がアップしているという声もありました。ポケットwi-fiと比べても光回線の方が断然速度は速いみたいですね。

また、光コラボに申し込む場合は、工事費用が無料になるプランやキャンペーンもありますのでチェックしてみて下さい。

光回線速度についてのまとめ

日本の光回線の速度は、基本的にどの回線業者でも最大1Gbpsの回線品質ですが、「NURO光」だけは最大2Gbpsです

インターネットを利用する際のプロバイダによっては、サーバーの混雑で回線速度が遅くなる場合があり、快適な回線速度を保つためにはプロバイダの選択が重要になります。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る