閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光のWi-Fiルーターは優れもの?市販品との比較

公開日:2018-06-28 最終更新日:2018/07/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Wi-Fi通信は使えない

家庭の固定インターネット回線でも、Wii-Fiルーターを使えば無線通信が利用できるようです。

ソフトバンク光でレンタルできるWi-Fiルーターの性能と市販品との比較、また、Wi-Fi環境を設定する手順についてまとめました。

ソフトバンク光のルーターのスペックは

ソフトバンク光でレンタルできるルーターと市販の人気ルーターのスペックを比較してみました。なお、E-WMTA2.2とE-WMTA2.3は“光BBユニット”としてレンタルできるルーター名、PR-500KIなどは“ホームゲートウェイ(N)の機器名です。

基本事項ソフトバンク光でレンタルできるルーター市販のルーター
E-WMTA2.2/2.3PR-500KIAtern WG-1900HPバッファローWSR-300HP
下り最大速度1Gbps記載なし1.3Gbps300Mbps
価格月990円月450円8,800円ほど3,500円ほど

※料金はいずれも税抜き表示です。

現在、1Gbps以上のハイスピード通信が可能なWi-Fiルーターでも、ほとんどが10,000円以下で販売されています。

光BBユニットでレンタルできるルーターは下り最大1Gbpsの高速通信が可能ですが、1年間のレンタル料金は10,000円を超えてしまいますので、決してお得とは言えません。

しかも、光BBユニットをレンタルするときは月額税抜き467円の“Wi-Fiマルチパック”に加入しなくてはなりませんから、光BBユニットのレンタル料金と合わせると約半年で9,000円以上の出費となってしまいます。

つまり、1年どころか半年ほど使えば市販Wi-Fiルーターの方がお得になってしまうのです。

また、ソフトバンク光のキャンペーンに関する記事もありますので参考にしてみてください。

【話題ニュース】違約金実質0円で乗り換え!?圧倒的に安いソフトバンク光!

違約金0円

月額ソフトバンク光なら、最大1Gbpsの高速インターネットが、月額実質3,800円~で使える!この代理店サイトからの申し込みだと、Web申し込み限定でさらに最大60,000円のキャッシュバックや月額料金が12ヶ月間実質2,000円割引に!終了未定のキャンペーンを見逃すな!・・・詳しく見る

ソフトバンク光でWi-Fiルーターを設置する方法

wifiのルーターを使用する方法を紹介

ソフトバンク光でWi-Fi通信を利用するときは、以下の方法でWi-Fiルーターを設置してください。

  1. ソフトバンク光から送付された光BBユニットもしくはホームゲートウェイを、マニュアルに沿ってケーブルで接続する。
  2. 無線LANカードが必要な場合は、正しい向きで挿入する。
  3. スマートフォンもしくは無線対応のパソコンでWi-Fi設定をする。Wi-Fi設定のページを開いてWi-FiをONにし、該当するSSIDをクリックし、アクセスキー(パスワード)を入力する。

上記の流れで簡単に設置する事ができますので参考にしてみてください。

ソフトバンク光の基本ルーターではWi-Fi通信は使えない

Wi-Fi通信は使えない

NTT東日本のフレッツ光(スマートタイプ)やNURO光のように、基本契約でWi-Fi通信ができるルーターを貸し出してくれる光回線業者もあります。

しかし、ソフトバンク光の基本契約で貸し出してくれるルーターでは、Wi-Fi通信は利用できません。

※ひかり電話用のホームゲートウェイ(ルーター一体型)はWi-Fiルーターとしても使えますが、無線LANカードを挿入しないとWi-Fi通信ができない設定になっていますので、勝手にWi-Fi通信を利用することは不可能です。

レンタルできるWi-Fiルーターを紹介

レンタルできるWi-Fiルーター

ソフトバンク光でWi-Fi通信を利用したいときは、新たに“光BBユニット”もしくは“ホームゲートウェイ(N)”をレンタルしなくてはなりません。

光BBユニットを使ってWi-Fi環境を整える

光BBユニットをレンタルするためには、オプションサービスの“Wi-Fiマルチパック”に申し込む必要があります。

送付された光BBユニットを接続するだけでノートパソコンやゲーム機器を無線で利用できます。新たに回線工事を実施する必要はありません。

なお、Wi-Fiマルチパックに加入すると、外出先でも“BBモバイルポイント”でWi-Fi通信が無料で使えるようです。家庭でも外出先でもWi-Fi環境を整えたい人には、“Wi-Fiマルチパック”は適したサービスと言えるでしょう。

プラン月額料金
Wi-Fiマルチパック467円
光BBユニットレンタル990円

※料金はいずれも税抜き表示です。

ホームゲートウェイ(N)を使ってWi-Fi環境を整える

ホームゲートウェイ(N)をレンタルすると、Wi-Fi通信だけでなくひかり電話(N)も利用できます。ひかり電話(N)は月額基本料金が500円で、固定電話なら全国どこへかけても通話料金が3分8円という低価格設定ですので、固定電話の料金をおさえたい人に特におすすめのサービスです。

なお、ひかり電話(N)のサービスを利用しない人は、ホームゲートウェイ(N)と無線LAN(N)の料金のみ支払えばOKです。

プラン名基本月額料金
ホームゲートウェイ(N)450円
無線LAN(N)300円
ひかり電話(N)500円

※料金はいずれも税抜き表示です。

解約時には忘れずに返却しよう!

解約したときに光BBユニットを返却しないと、18,000円の違約金を請求されます。また、無線LANカードを返却しないときは、8,000円の違約金が発生します。また、いずれも破損・故障のときには7,143円の交換料金も発生しますので、取り扱いには十分に注意するようにしましょう。

ソフトバンク光の解約する方法について紹介している記事もありますのでチェックしてみてくださいね。

市販のルーターの設置方法

  • ソフトバンク光からレンタルしているホームゲートウェイに、市販のルーターをケーブル接続する。
  • スマートフォンもしくは無線対応のパソコンなどのWi-Fi設定ページを開く。
  • Wi-FiをONにする。
  • 該当するSSIDをクリックして、アクセスキーを入力する。

通信速度や月額料金を考えるとレンタル以外

通信スピードの問題改善や月額料金を考慮すると、Wi-Fiルーターをレンタルする以外の選択肢を検討することがおすすめです。

しかも返却しないときは違約金や交換料金もかかりますので、半年以上ソフトバンク光を利用するのならWi-Fiルーターは市販品を購入する方がお得かもしれません。

月額がおトク!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口 LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大60,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!