閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXが圏外になり困っている人へ!解決できる方法を紹介

公開日:2018-04-27 最終更新日:2018/07/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WiMAX が圏外になった場合の対策

WiMAXは光回線(固定回線)のように自宅に回線を設置するわけではありません。

基本的に携帯電話のように電波をモバイルルーター受信してインターネット利用ができる仕組みです。

電波が届かない圏外では使えないので注意が必要です。

WiMAXが圏外になる場合を紹介

圏外になる場合を紹介

WiMAXは契約すると契約者の個体を識別するSIMカードが発行されます。

発行されたSIMカードをモバイルルーター端末に取り付ければそのモバイルルーターは契約している個体と識別され、WiMAXの電波を受信できるという仕組みです。

WiMAXを契約している状態で、モバイルルーターが圏外になってしまうことがあります。

WiMAXが圏外になってしまう理由を以下にまとめました。

人の住む地域の99%をカバーするauの回線

auの携帯電話、スマートフォンに使われる電波エリアは人口カバー率が99%を超えています。つまり日本に住む人の99%はauの電波の利用が可能ということです。

WiMAXもオプションで使えるLTEオプションを利用すればauの回線を利用できます。

支払いは済ませているのか

WiMAXを契約中でも、支払いを滞納してしまうと電波が受信できなくなってしまいます。滞納している料金を支払えば再び利用できます。

1~2カ月くらいの滞納で解約になってしまうことはほぼありません。

滞納してしまったら、できるだけ早くサポートセンターに連絡して事情を説明するべきです。

サービスエリアの範囲外では無いのか

WiMAXは携帯電話のようにエリアの範囲内でのみ利用できます。

もしも自宅の住所が範囲外だった場合は自宅で利用することができないので注意が必要です。

WiMAXは「UQ コミュニケーションズ」という会社が運営している回線です。

電波の範囲はUQコミュニケーションズの公式サイト内で公開されている「サービスエリアマップ」のページでかなり細かく確認することが可能です。

WiMAXはモバイル回線のキャリアの中でも最大のエリア範囲を誇り、人口カバー率は全国で90%以上、都市部に限れば99%のカバー率を達成しています。

WiMAXのエリアについてもっと詳しく知りたい人は、WiMAXの提供エリアを紹介している記事もありますのでチェックしてみてくださいね。

モバイルルーターを置く場所が悪いと圏外になる

モバイルルーターは置く場所が悪いと圏外になる

自宅がエリア範囲内だとしても、モバイルルーターの置く場所が悪いと電波が弱くなる、または圏外になることがあります。

WiMAXの電波は基本的に真っすぐ飛ぶのですが、壁などの物理的な遮蔽物があると電波が弱まります。特に鉄筋の建物は電波が遮蔽されやすい構造になっています。

自宅内でも電波干渉の関係で、電波の状態良い場所と悪い場所があることが多くなります。

エリア範囲内なのに電波状況が悪い場合はモバイルルーターの置き場所をいろいろと試してみることをおすすめします。

基本的に窓の近くが、電波状況が良くなる傾向にあります。

WiMAXの基地局で通信障害が発生している

WiMAXは各都道府県に数十の基地局があり、基地局から電波を発信しています。

WiMAXユーザーは最寄りの基地局から届く電波を受信してWiMAXを利用する仕組みです。

もしも、基地局で不具合が起これば不具合が起きた周辺のWiMAXユーザーにのみ、電波障害が起こる可能性があります。

基本的には基地局の電波状況は正常かどうか、常に運営側がチェックしているため、基地局で不具合が起きても短時間で復旧するはずです。

WiMAXが圏外だった場合の対策方法を紹介

UQの公式ページのサービスエリアマップを調べ、自宅は確実にエリア圏内のはずなのに、電波状況が悪かったり圏外になったりする場合の対処法を解説します。

クレードルを使用する

クレードルとはモバイルルーター機器の拡張機です。

WiMAXを契約する際は併せてモバイルルーター端末を購入する場合が多いのですが、端末購入の際に任意でクレードルの購入も可能です。

クレードルはモバイルルーターの台座のような形状で、モバイルルーターを取り付けて使います。

クレードルを使えばモバイルルーター端末にLANケーブルを接続し、有線LANでインターネットが利用できます。

インターネット通信は無線よりも有線のほうが通信速度は上がるため、WiMAXの電波が弱い場合はクレードルの利用で改善される場合があります。

通信端末を初期化する

使っているモバイルルーター端末の不具合で電波状況が悪くなる場合があります。端末が故障している場合は修理する必要があります。

しかし端末を初期化することで直るケースも多々あります。

初期化方法は端末によって異なりますが、多くの場合は端末機器にリセットボタンがあり、リセットボタンを長押しすれば端末が初期化されます。

アンテナ・中継器を利用する

WiMAXの電波は建物などの遮蔽物で電波干渉を受けて電波が弱くなる場合があります。

自宅の近くに大きな鉄筋のビルがあるなど、物理的な理由で自宅の場所が、WiMAXの電波が入りにくい環境である場合があります。

自宅内が物理的な理由で電波状況が悪い場合は、アンテナや中継器を取り付けると電波状況が改善される場合があります。

アンテナは自宅の外に取り付けて電波が入りやすくする機器です。

中継器は、自宅内に取り付けて電波の流れをスムーズにするものです。

中継器は、モバイルルーターを窓の近くに置けない場合に設置すると効果を発揮します。

アンテナと中継器は同時に使うことで相乗効果を発揮するため、併用するのがおすすめです。

サービスエリアの確認

WiMAXのエリア範囲はUQコミュニケーションズの公式サイト内にある「サービスエリアマップ」のページでかなり細かく確認可能です。

注意したいのは、通常のWiMAX2+の回線と、LTEオプションで利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」の回線は別物で、エリア範囲は別々ということです。

WiMAX回線とLTE回線は別のため、WiMAXは繋がるけど、LTEオプションに切り替えるとエリア外、という場合もあり得ます。

WiMAXが圏外だった場合の対策の注意点を紹介

WiMAXの電波が悪かったり、圏外だったりした場合はいくつか対策がありますが、対策によって注意したい点もあります。

通信制限は追加料金でも制限解除はされない

WiMAXの電波が悪い場合や圏外の場合、LTEオプションで利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えてLTE回線を利用することができます。

しかし、LTEオプションは一ヶ月間に7GBまでしか利用できず、7GBを超過すると通信制限がかかります。

WiMAXは通信制限がかかった状態では通信速度が低速になってしまいます。

通信制限がかかっている状態を、追加料金を支払って解除できるようなルールはありません。

他のモバイル回線キャリア(ワイモバイルなど)は追加料金で通信制限を緩和できる場合がありますが、WiMAXは追加料金で制限解除できるルールがありません。

通信端末が故障している可能性がある

利用しているモバイルルーター端末の不具合で圏外になってしまうことがあります。端末の不具合は初期化すれば改善されることがあります。

初期化しても改善されない場合は端末機器の故障が考えられます。

端末機器が故障した場合は修理に出すか、新しい端末機器を購入する必要があります。

急に繋がらなくなった場合の対処法

WiMAXが急に繋がらなくなった場合はいくつか試してみるべき方法があります。

最初に試すべき方法はモバイルルーターの初期化です。

モバイルルーターはリセットボタンがあり、リセットボタンを長押しすれば初期化されます。これはパソコンの再起動のような方法です。

通信モードを切り替えるという方法も試してみるべきです。

モバイルルーターは2.4GHzと5GHzの二つの通信モードがあります。

初期設定では2.4GHzとなっているのですが、5Ghzに切り替えると電波干渉による不具合が解消される場合があります。

Speed Wi-Fi NEXT W01が圏外だった場合の対策方法を紹介

WiMAXのモバイルルーター機器である【Speed Wi-Fi NEXT W01(以下、W01)】を例にして、圏外だった場合の端末操作を紹介します。

WiMAX端末にあるボタンを利用する

WiMAXのボタンを利用する

Speed Wi-Fi NEXTシリーズ全てに共通する点ですが、W01にはリセットボタンがあり、リセットボタンを5秒間押し続けると初期化できます。

リセットボタンは普段、間違って押さないように非常に小さく作られており、ボールペンの先などで押すような作りになっています。この構造は多くの端末機器のリセットボタンに共通する仕様です。

Speed Wi-Fi NEXT設定ツールを利用する

Speed Wi-Fi NEXTシリーズは利用しているとき、パソコンやスマホのブラウザ画面から設定ツールを開き、初期化ができます。

パソコンの場合はブラウザを開き、以下のURLを入力すれば設定ツールを開くことができます。

設定ツールが開くとログインのために「ユーザー名」と「パスワード」が求められます。

ユーザー名は「admin」で、パスワードはモバイルルーター端末本体に記載されています。

別のWiMAXプロバイダに変更する方法もあります

同じWiMAXでもプロバイダが違うと利用するプロバイダサーバーが異なるため、電波の状態が変わる場合があります。

現在契約しているWiMAXの電波状況が悪い場合は別のWiMAXプロバイダに変更するという選択肢もあります。

WiMAXはプロバイダによって月額料金が異なり、さらに契約変更の際は現在の契約解除のために解約金が発生します。

主なWiMAXプロバイダの月額料金や解約金などの情報を以下の表にまとめました。
表の月額料金はギガ放題プランの料金です。

月額料金初期費用解約金備考
UQ WiMAX4,380円3,000円19,000~9,500円最初の3カ月は3,696円
Broad WiMAX3,411円18,857円(キャンペーン適用で初期費用無料)19,000~9,500円最初の2カ月は2,726円
BIGLOBE WiMAX4,030円3,000円19,000~9,500円
GMOトクトクBB3,344円3,000円24,800円最初の2カ月は2,590円
@nifty3,420円3,000円19,000~9,500円初月は無料

※初月は無料

多くのWiMAXは初期費用に登録料の3,000円がかかるのが基本です。さらにモバイルルーターの端末機器を別途で購入する必要があります。

端末機器は新規契約と一緒に購入すれば割安で購入出来たり、無料でもらえたりします。

Broad WiMAXだけは初期費用が18,857円なのですが、キャンペーン適用で無料になるため実質的に初期費用0円です。

WiMAXの解約金

WiMAXはどのプロバイダも2年契約のプランが基本です。そしてほとんどのプロバイダは解約金が共通しています。

多くのWiMAXプロバイダが採用している解約金を紹介します。

  • 1~12ヶ月目 19,000円
  • 13~24ヶ月目 14,000円
  • 25ヶ月目 0円 (2年契約の契約更新月)
  • 26ヶ月目以降 9,500円

例えば上記の解約金を採用しているプロバイダには以下があります。

  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • @nifty WiMAX

■WiMAXの解約する方法も気になる方は、WiMAXの解約に関する記事もありますのでチェックしてみてくださいね。

おすすめ窓口月額料金最安級!2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
どこでもインターネット使い放題!
月額料金2,726円~の業界最安級!
工事不要でどこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
いまなら初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

WiMAXの電波は鉄筋の建物などで電波干渉を起こしやすい仕様です。

自宅が位置的な理由で電波が弱い場合はアンテナや中継器を使えば改善することもあります。

端末機器の不具合も可能性もあり、その場合は機器の初期化を試してみましょう。

プロバイダによっても電波状況は変わるため、他社への乗り換えも検討の余地があります。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン