閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの速度制限とは?低速になるケースをポイントで紹介

wimaxの速度制限とは

持ち運ぶだけでWi-Fi空間を作れる「WiMAX」。非常に便利なツールですが、速度制限を受けてしまうというデメリットがあります。

WiMAXの速度制限とは何か、どのような場合に低速になるのか、そして、低速になったときの対処法について解説します。

WiMAXの速度制限が掛かるケース

普段は快適に利用できるWiMAXを使ったインターネット接続。しかし、特定の条件を満たすと「通信制限」がかかってしまい、インターネット接続が低速になってしまいます。

インターネット接続が低速になると、ホームページを閲覧するだけでも長い時間がかかってしまったり、ユーチューブなどの動画がスムーズに視聴できず、カクカクとした映像を観ることになってしまったりします。

WiMAXで通信制限がかかるのは、以下の3つの条件のうちいずれかを満たしたときです。以下の項目で詳しく紹介しますが、インターネット接続がスムーズにできないときは、いずれかの条件に該当するのではないか確認してみて下さい。

  • 直近3日間で10GB以上利用したとき。
  • 7GB通常プラン契約中に1ヶ月の通信量が7GBを超えたとき。
  • au 4G LTEの通信量が7GBを超えたとき。

直近3日間で10GB以上利用したときの速度制限

選択するプランに関係なく、直近3日間で10GB以上のデータ通信量を利用したときは、通信制限がかかります。

3日間のデータ通信量が10GBを超えた日の翌日の18:00~翌々日の2:00頃、通信速度が概ね1Mbpsに制限されてしまうのです。

概ね1Mbpsの通信制限は気にする必要なし?

上り速度も下り速度も概ね1Mbpsあれば、ユーチューブの標準画質なら問題なく視聴できるレベルですし、動画以外のサイトの視聴にも大きな支障を来たさない水準です。

つまり、通信制限を受けて最大速度が1Mbpsに制限されたとしても、高画質の動画視聴やハイスピードなやり取りを必要とするオンラインゲームをメインにするのではない限り、そこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

3日間でデータ通信量が10GBを超えるのは難しい

また、通信制限の条件となる「3日間のデータ通信量10GB」ですが、データ通信量10GBとは、3日間で標準的なページを30,000ページ以上閲覧できるデータ通信量ですし、標準画質のユーチューブを47時間視聴できるデータ通信量でもあります。

1日の大半をインターネット通信に費やしている人でないならば、滅多に3日間のデータ通信量が10GBを超えることはないと言えます。

ただし、プライベートや仕事で大容量の動画や画像を含むファイルの送受信をしている人は、ほとんどWiMAXを使っていないと思っていても、意外とデータ通信量が多くなってしまうことがあります。

どの程度の通信を行っているか、こまめに確認するようにしてください。

「7GB通常プラン」を利用しているときの速度制限

WiMAXでは、月間データ通信量の上限が7GBに制限されている「7GB通常プラン」を選ぶこともできます。プラン名の通り、1ヶ月のデータ通信量が7GBを超えると速度制限がかかり、低速通信になってしまいます。

速度制限時は128kbpsの通信速度

1ヶ月のデータ通信量が7GBを超えると、超えた瞬間に最大速度が128kbpsに制限されてしまいます。速度制限はその月が終わるときまで続き、翌月1日になってから順次解除されます。

つまり、月の初めや半ばに速度制限基準に到達してしまうと、かなり長期間不便を強いられてしまうのです。

「au 4G LTE」を利用しているときの速度制限

WiMAXにはオプションで「au 4G LTE」が利用できるプランがあります。このプランに加入すれば、WiMAX回線やWiMAX2+回線が繋がらないときも、WiMAXのモードを「ハイスピードプラスエリアモード」に変更するだけでauの4G LTE回線を利用することができるのです。

WiMAX通信網とauの4G LTE通信網を組み合わせればほとんどのエリアをカバーできますので、さまざまな場所で不便なく利用したい人にも選ばれています。

「7GB通常プラン」とLTEオプション

1ヶ月のデータ通信量の上限が7GBに制限されるプランにau 4G LTEオプションを付けると、WiMAXによるデータ通信量とau 4G LTEによるデータ通信量の合計が7GBを超えたときに速度制限を受けるようになります。

速度制限後は、WiMAX回線でもLTE回線でも最大通信速度が128kbpsに制限されますので、動画視聴やサイトの読み込みに通常以上の時間がかかってしまうことになります。

データ通信量無制限のプランを選択している場合でも、au 4G LTEオプションを付けることができます。

しかし、LTE回線によるデータ通信量が7GBを超えると、LTE回線に速度制限(128kbps)を受けてしまうだけでなく、WiMAX2+回線も最大128kbpsの速度制限(WiMAX回線は速度制限されません)を受けてしまいます。

LTEオプションを付ける前に熟慮しよう!

LTEオプションを付けることで高速通信が利用できるエリアは広がりますが、反対に速度制限を受けやすくなってしまいますので注意が必要です。

速度制限を受けているか確認する方法

WiMAXの速度が遅く感じるときは、UQコミュニケーションズの「My UQ」にログインして「通信量照会」をクリックして調べてみましょう。前日までの通信量が12~13時ごろに確認できます。

WiMAXの速度制限を解除する方法

WiMAXの速度制限はどのようなときにかかるのでしょうか。また、速度制限を受けたときにはどのように解除するのでしょうか。WiMAXで選べる3つのモード別に解説します。

ノーリミットモード

WiMAX回線を無制限で利用するノーリミットモード。通信制限はありませんので、安心して利用することができます。

しかし、利用できる回線は最大速度13.3MbpsのWiMAX回線だけ(高速のWiMAX2+回線は利用できません)ですので、通信制限を受けなくても通信速度を遅く感じるかもしれません。

とはいえ、通信速度が遅い分、1ヶ月のデータ通信量の合計が10GBに達することもほとんどありませんので、通信制限を受けたくない人にはおすすめのモードと言えるでしょう。

ハイスピードモード

WiMAX回線だけでなく下り最大速度708MbpsのWiMAX2+回線を利用できるモードを「ハイスピードモード」と呼びます。

データ通信量無制限のプランを選べば、1ヶ月のデータ通信量を気にする必要はありません。

しかし、3日間のデータ通信量が10GBを超えたときは、翌日18:00~翌々日2:00まで通信速度が概ね1Mbpsに制限されます。

通信制限を解除する方法はありませんので、翌々日の2:00を過ぎるのを待ちましょう。

ハイスピードプラスエリアモード

WiMAX2+回線だけでなくau 4G LTE回線が利用できるモードを、「ハイスピードプラスエリアモード」と呼びます。

ハイスピードプラスエリアモードを利用すると、1ヶ月税抜き1,005円のオプション料金がかかります。

データ通信量無制限のプランを選択している場合でも、LTE回線のデータ使用量が7GBを超えてしまうと、月末までLTE回線とWiMAX2+回線が最大速度128kbpsの速度制限を受けてしまいます。

速度制限を解除する方法はありませんので、翌月になってデータ通信量がリセットされるまで待ちましょう。

WiMAX回線を利用できる機器をお使いの人は、速度制限を受けないWiMAX回線を利用するようにしてください。

速度制限が気になる人には固定回線がおすすめ

WiMAXのどのプランを選んでも、1ヶ月のデータ通信量もしくは3日間のデータ通信量による速度制限を受けてしまいます。

「データ通信量無制限」と謳っていても、3日間のデータ通信量が10GBを超えると最大1Mbpsの速度制限を受けます。

速度制限を気にせずにインターネットを利用したい人は、本当の意味でデータ通信量が無制限の固定回線を選ぶ方が良いでしょう。

例えば、NURO光なら、下り最大2Gbpsの超高速通信を無制限で利用できます。

Wi-Fiルーターを接続すれば、家庭内で無線インターネット通信も利用できますので、検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ窓口最大12万円もお得!!
株式会社Life Bank
下り最大速度が2Gbpsの超高速光通信を実現 最強の光インターネットNURO光!!
最強インターネットNURO光 NURO光が選ばれる多くの理由があります!! 超高速最大2Gbps格安料金に加え、携帯割引スマホとセットでお得!!の理由があります!!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

速度制限が掛かっているかどう確認する?

WiMAXでは、マイページを使えば前日までのデータ通信量や過去3日間のデータ通信量を確認することができます。

また、機種によってはその月のデータ通信量を機種本体で確認できるものありますので、細目に確認して通信制限を受けないようにしましょう。

まとめ

便利なWiMAXですが、通信制限がかかると便利に利用できなくなります。特に7GB通常プランやLTEオプションを付けているときは、月末まで最大128kbpsの低速通信になることがあり、不便を強いられる可能性があります。

通信量無制限プランを選ぶことやLTEオプションを付けないことで、通信制限がかかりにくいようにしておきましょう。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る